スキンケア

【メンズ必見】女性モテ確実な男性美肌のケア・作り方

ファンデーションなどのアイテムで肌荒れを隠せる女性に対し、男性は素肌そのもので勝負していく時代はまだまだ続きます。

女性が思わず触りたくなるような綺麗なモテ肌を手に入れる為には、自分の肌を理解することや、メンズスキンケアについてしっかり理解しておくのが大切です。

今回は、女性にモテる綺麗なメンズ肌になる為に必要な知識と対策、ケア方法について紹介していきます。

肌を綺麗にしたい!と考えている男性は必見です。

きれいかどうか、女性はしっかり見ている

自分のスキンケアが当たり前の女性にとって、自分が交際する相手はもちろん、職場や学校などで付き合いがある男性の肌に対しては深く感心を抱いています。

遺伝的に見ても、見る・観察するといった能力は女性の方が優れているもの。

これは腐った食べ物がないか、表情に変化はないか、顔つきの違いなど些細な変化に気づくことで、子供の病気や体調の変化をいち早く察知し、子孫を守ってきた女性ならではの変化です。

女性は相手をしっかり見る能力があるからこそ、男性の肌の状態が綺麗であるか綺麗でないか自然と目に留まってしまうのです。

美肌は清潔感の象徴

親しい間柄やカップルならまだしも、なかなか直接目を見てのやりとりはお互い遠慮がちになりますよね。

初対面や顔見知りの場合にも、会話をする際には目を見ながらも自然と「頬や口元」に目線がいきやすいと言われています。

すると、どうでしょう。

ニキビや肌荒れ、カミソリ負けのある肌はどうしても清潔感にかけてしまいます。

男性同士ならば何も思わない肌トラブルでも、しっかり洗顔することや化粧水などの正しいスキンケア方法で肌トラブルを改善することができると知っている女性は以下のように考えるのです。

「しっかり洗顔してないのかな…」 「ちゃんと肌のケアをしてないのかな…」

このように考えられてしまうのはメンズからすると悲しすぎますよね?!

しかし心配いりません。

メンズもスキンケアや美肌作りをきちんと行うことで肌トラブルは解消できますし、女性にも好感を抱かれるきれいな美肌を手に入れることができます。

女性が気にする男性のNG肌

女性が男性の肌に目線がいきがちだったり、場合によっては清潔感がないと思われてしまう肌の状態とは、具体的にどんな状態なのでしょうか。

女性がついつい気になってしまうメンズ肌のNGポイントをしっかり把握しましょう!

①顔のベタつきやテカリ

顔が脂っぽくテカり肌が悩みのメンズは多いですよね。

なぜ男性の肌はべたつきやすい・テカりやすいのでしょうか。

そもそも男性は女性に比べて皮脂の分泌量が多いのでべたつきやすいのですが、男性の肌のテカりや脂っぽくなってしまう原因として以下のようなことも考えられます。

  • 正しい洗顔をしていない
  • 化粧水(ローション)・乳液などで保湿ケアをしていない
  • 食事の際に脂っこい食べ物をよく摂取する
  • ストレスや生活環境の乱れ

テカリや脂っぽいメンズ肌に悩んでいる男性は1つの原因で無く、上に挙げた原因が複数絡んでいることが多いです。

あまりにもテカテカ脂っぽい肌の状態では「生活習慣が乱れているのかな…」「洗顔とかしていないのかな…」と、不潔感だけでなく生活面でも心配されてしまいます。

②ニキビや剃刀負けなどの肌荒れ

しっかりとしたスキンケアができていないとすぐにできてしまうニキビや、カミソリ負けなどによる肌荒れや赤みもNGポイント。

どうしても口周りや頬にブツブツと肌荒れやニキビができていては、目線がそっちにいってしまいますよね。

髭剃りをしない女性にとっては、カミソリ負けは自分にない要素なのでどうしても気になるポイント。

しっかりシェービングクリームを使う、アフターシェーブを使うなどのケアがおすすめ。

きちんとカミソリ負け対策をして毎日の髭剃りに負けないきれいな美肌男子を目指しましょう。

③乾燥肌

肌が乾燥によってカサカサしている… 乾燥で粉を吹いたように白くなる…

そんな肌になっていませんか?

女性の潤いがあってモチモチとしたきれいな美肌は「しっかりケアをしているんだな」、「スベスベしていて触ってみたい」男性ならば思わずそう思ってしまいますよね。

年間を通して乾燥しやすい男性の肌。

いつ見てもカサカサとした肌では、女性が触ってみたいと思うどころかマイナスなイメージになりかねません!

カサカサ肌は卒業して、きれいなツヤツヤ肌になりましょうね。

まずは自分の肌を知る

普段スキンケアをしない男性でも、「乾燥しやすいな…」「いつも脂っぽいな…」「きれいな肌になりたいな…」なんて一度は、肌の状態を気にしたことがあるのではないでしょうか。

乾燥肌や脂性肌といったように、男性の肌質は人それぞれ異なります。

そして、きれいな肌になるには正しいスキンケア方法にプラスして、それぞれの肌質に合わせたスキンケアアイテムを選ぶことが大切になります。

まずは、自分がどの肌タイプなのかをしっかり把握しましょうね!

①オイリー肌

「脂性肌」とも呼ばれるオイリー肌は、名前の通り脂っぽくテカテカとした肌質です。

皮脂の分泌量が多いことによって、肌のテカリやべたつきが出てきてしまうのです。

もともと男性は女性よりも皮脂の分泌量が多いので、オイリー肌になりやすいと言われています。

オイリー肌ではおでこや鼻、俗に言うTゾーンにテカリが出やすく、毛穴が開いて目立ちやすいのが特徴ですよ。

②乾燥肌

冬は湿度が低くなるので乾燥しやすくなりますが、年間を通して乾燥しやすい乾燥肌。

肌の角質層の水分が減ることで、かゆみやカサカサと粉を吹いたような乾燥状態になってしまいます。

洗顔後すぐに肌がつっぱるような感じになったり、日中でもカサつきがでてしまうのが特徴。

③混合肌

脂っぽくなるオイリー肌と、カサカサとする乾燥肌両方を兼ね備えているのが、混合肌。

人によってどの部位に出るのかは異なりますが、男性の場合おでこや鼻周りのTゾーンは皮脂が多くテカテカで、頬や口周りは乾燥してカサカサになる方が多い傾向にあります。

肌タイプの中でも1番見分けるのが難しい混合肌ですが、お風呂上がりに何もつけない状態でしばらく時間を置き、鼻周りには皮脂が出てくるのに頬などはカサカサの状態だと混合肌というケースが男性には多いです。

これら混合肌は対応が難しいのですが、根本的なところで言うと、部分乾燥を感じた肌がその部分を補おうと油分を分泌。

その分、油分分泌が過剰になってしまい乾燥していないところにも油分が浮いてしまうことが原因になりがちなので、基本はきちんと保湿をして肌の油分と水分のバランスを整えることをおすすめします。

④敏感肌

スキンケアアイテム選びに悩む敏感肌。

敏感肌は少しの刺激に弱く、肌荒れなどのトラブルが起きやすくなってしまうのです。

また敏感肌には、先天性と後天性があります。

先天的なものではアトピー性皮膚炎や金属アレルギーなど、もともと肌が弱い体質。

後天的なものでは合わない化粧品やスキンケアアイテムを使用したり、疲れやストレスなど免疫機能が弱っている場合に出てしまいます。

先天的でアレルギーなど肌が弱い方は、専門医などで処方されるクリームなどが合う場合が多いのですが、後天性の敏感肌な場合肌が刺激に弱いので、強いスキンケアアイテムでは肌荒れなどを起こしてしまうんです。

肌に強い成分が配合されていない、敏感肌用のスキンケアアイテムを選ぶのが大切!

また毎日のヒゲ剃りが敏感肌に刺激を与えている可能性の見逃せません。

その場合は抜本的解決としてメンズエステで「ヒゲ脱毛を受ける」のも良い方法です。

-スキンケア