退職代行

退職代行は違法?非弁行為とは、合法的な代行業者の見分け方

依頼人の代わりに、会社へ退職の意思を伝える「退職代行サービス」。

今非常にニーズの高まりを見せているサービスですが、「本当に法的に問題ないの?」と不安を感じている人も多いのではないでしょうか?

実際、悪質な業者が違法性のある行動を取ったことで、退職問題がさらにこじれてしまい泥沼化されてしまったというケースも存在します。

ストレスなく退職業者を選ぶことは、トラブルを回避することにも繋がるので、違法行為に関わるような確率は各自に減らすことが大切です。

ポイント

・退職代行が違法行為になる可能性もあるって本当?
・そもそも、退職代行で問題になっている非弁行為って何?
・違法にならない退職代行サービスを受けるには選び方が重要

今回は、これらの疑問に答え、退職代行と非弁行為の関係性について解説します。

会社とトラブルを起こしたくない方、リスクを徹底的に避けたい方は、非弁退職代行業者に依頼してしまわないように、十分に注意をしておきましょう。

非弁行為とは?

非弁行為とは、弁護士資格を持たないのにも関わらず、弁護士しか行うことが許されていない代理交渉などを行うことです。

例えば、依頼人の代わりに第3者がお金をもらって退職や有給取得に関する交渉、未払い給与の清算などをすることは誰にでも許されていることではありません。

弁護士方という法律でしっかりと決まっており、弁護士にしか認められていないことを行うと立派な違法行為となってしまいます。

退職代行における非弁行為とは?

ポイント

・未払いの残業代や給与の請求、有給消化に関する交渉を行うこと
・会社が依頼人の退職を渋った際に交渉・強制すること
・退職届の代筆や社会保険の脱退など、本人の代わりに諸手続きを行うこと

このようなことを弁護士以外の人が行ってしまうと、違法行為になってしまい、それを会社側に指摘されると退職が認められるどころか、犯罪に巻き込まれるケースにも発展します。

このように、代行業者選びを間違えると、退職問題がさらに深刻化する恐れもあります

合法で、安心して依頼できるサービスが充実した退職代行業者を選ぶことが重要なんです!

非弁行為にならない退職代行業者は【ニコイチ】

非弁行為など、トラブルに可能性は徹底的に排除したい。

そう思っている方におすすめなのが退職代行【ニコイチ】です。

ですが、ニコイチであれば、代行業務は全て弁護士資格を持つ方が行ってくれます。つまり、通常であれば非弁行為と指摘される交渉ごとや退職手続きの代行業務等もニコイチであれば合法で行えるということです。

私も以前の会社を辞める際、ニコイチさんを利用して退職しました。その時の担当者とのLINEのやり取りなど公開しているので、参考にしてみてください。

参考:退職代行ニコイチさんを利用した時の流れ

まとめ

以上のように、非弁行為は立派な法律違反であり、非弁代行業者を利用することは大変危険であることがわかりました。

・非弁行為とは、弁護士以外が依頼人の退職に関する交渉等を行うこと
・多くの業者は顧問弁護士指導を受けて、非弁行為に当たらない範囲で業務を行なっている
・弁護士が代行をする非常に安全な退職代行サービスも存在する

退職代行と非弁行為の関係性は今非常に不安視されていますが、それと同時に多くの代行業者では非弁行為に最新の注意を払って、法律の範囲内で代行業務を行なっています。

ただ、100%全ての代行業者が非弁行為を行なっていないというわけではありません。トラブルなく会社を辞めたい方は、弁護士のいる退職代行サービスなどをうまく利用して、安全に会社を辞めることを大切にしましょう。

-退職代行