基礎情報

パーソナルトレーニングジムの料金相場!実はコスパがいいって本当なの?

基礎情報

パーソナルトレーニングジムに対して、

「利用料金が高く利用し辛い」
「初心者にはハードルが高い」

というイメージを持っていませんか?

確かに利用料金が安い!とは言えませんが、その分サポート内容が充実していて総合的に見るとコストパフォーマンスは高いと言えるんです。

今回はパーソナルトレーニングジムのコストパフォーマンスに注目し徹底解説します。また、フィットネスとの違いや料金相場なども紐解いてお伝えするので、ぜひチェックしてみてください。

パーソナルトレーニングジムとフィットネスジムの違いは?

パーソナルジムとフィットネスジムには大きく分けて3つの違いがあります・

1.トレーナー

パーソナルトレーニングジムとフィットネスジム、どちらも営業時間内はトレーナーが駐在していますが、トレーナー一人あたりがサポートする利用者の人数は大きく異なります。

フィットネスジムの場合

大勢の利用者に対して2人〜3人ほどのトレーナーが付くのが一般的です。施設の利用方法や器具の使い方についてはある程度教えてもらえますが、長時間付き添ってトレーニングをサポートしてもらうことはできません。

その為、基本的には自らトレーニングメニューを消えて独学で鍛え、管理していく必要があります。

日頃から筋トレを行なっている方であれば特に問題ないかもしれませんが、初心者の方だと勝手が分からず戸惑ってしまいます。また、器具に慣れていないままトレーニングを続けると怪我をするリスクもゼロではありません。

こうした理由からフィットネスジムを利用する場合は、筋トレに関する正しい知識をある程度備えておく必要があると言えます。

パーソナルトレーニングジムでは、トレーナーが付きっきりでサポートしてくれる為、初心者の方や不安な方にはパーソナルトレーニングジムは最適です。

2.サポート内容

サポート内容についても大きな違いがあります。

フィットネスジムの場合

ジムによってサポート内容は異なりますが、基本的にはトレーニングにあkんするものが多くなっています。例えば「ジムの利用回数が無制限」「プール・お風呂の利用可」などです。中には、トレーニングの際に使用するアイテムのレンタルを行なっているフィットネスジムもありますが、有料であることがほとんどです。

パーソナルトレーニングジムの場合

トレーニングに関連した内容以外にも充実したサポートが付いてきます。例えば「トレーニングに必要なアイテムの無料レンタル」があります。何も持たずとも、仕事帰りや学校帰りにそのままパーソナルトレーニングジムに立ち寄ることも可能です。

さらに、栄養バランスを考慮した食事メニューのアドバイスがサポート内容に含まれていることもあります。美しいボディラインを手に入れる為には、トレーニングと併せて食生活を見直すことも必要になってきます。

正しい知識を持ったプロのトレーナーによる指導のもと、健康的な食事を意識して摂れるようになるので、身体の中から美ボディにアプローチできます。

栄養バランスの整った食生活は、トレーニング終了後のリバウンド対策にも効果的なので、すらっとした健康的で美しい身体を長くキープしやすくなります。

3.料金

フィットネスジムの場合

フィットネスジムの利用料金は、高くても月額1万円ほどです。初月はこの額に入会金が加わりますが、それでも2万円以内には収まることがほとんどです。

パーソナルトレーニングジムの場合

パーソナルトレーニングジムの場合は、入会金だけでも3〜5万円ほどの料金がかかります。基本的なプランは週に2回、2ヶ月間で計16回のトレーニングとなっており、利用料金は月額10〜15万円ほどです。入会金と合わせると30万円ほどの出費になります。

パーソナルトレーニングジムによっては、分割払いが可能なところもあり、月々の支払い金額を抑えることもできますが、決して安いとはいえない出費になります。

では、なぜパーソナルトレーニングジムに興味を持つ人が増えているのでしょうか?

その理由は、パーソナルトレーニングジムは「筋トレに関する知識・技術に精通したプロのトレーナーがマンツーマンでトレーニングをサポートするジム」です。その為、確実に効果を実感したい方にとっては、高いコスパが見込める料金といえます。

また、2ヶ月という短い期間で結果が現れると考えれば、妥当な金額と捉えることもできそうです。こうした点から、パーソナルトレーニングジムは本気で理想の身体を目指したい多くの人に選ばれています。

パーソナルトレーニングジムの料金相場

ここでは、有名なパーソナルトレーニングジムの利用料金を比較して紹介します。

入会金・月額料金・プラン内容

入会金月額料金プラン内容
Aジム38,000円98,000円・2ヶ月間のトレーニング
・1回75分のトレーニングを週2回
Bジム50,000円149,000円・2ヶ月間のトレーニング
・1回50分のトレーニングを週2回
Cジム38,000円93,000円・2ヶ月間のトレーニング
・1回50分のトレーニングを週2回

一般的に、入会金としては3万円後半、月額料金は10万〜15万円くらいだとイメージして頂ければと思います。

なぜパーソナルトーニングジムの料金は高価なのか?

パーソナルトレーニングジムの料金が比較的高価な理由には、「トレーナーの人件費」と「設備投資」の2つがあげられます。

トレーナーの人件費

パーソナルトレーニングジムに在籍するトレーナーは、筋トレ・トレーニングに精通していることはもちろん、栄養学や健康的な食事方法、身体の構造などの知識が必要不可欠です。そのため、トレーナーであれば誰でもよいわけではなく、優秀な人材を確保することが重要になってきます。

また知識をさらに深めるため、そして利用者のモチベーションをアップ・維持するための接客術を学ぶために、研修を行う必要もあります。
こうした点により、他のジムに比べて人件費がかかることから、その分利用料金も高くなってしまうのです。

このほか、マンツーマンによる指導というパーソナルトレーニングジムならではの特徴も、人件費がかかる理由のひとつです。たとえば、5人の利用者が同じ時間に訪れた場合、トレーナーも5人必要になります。質の高いトレーナーを利用者の人数やスケジュールに合わせて確保するためには、当然人件費がかかってしまうため、それに比例して利用料金も高くなってしまいます。

設備投資・立地条件

繰り返しになりますが、パーソナルトレーニングジムは基本的に完全個室制です。各個室に同じ設備を用意する必要があるため、他のジムに比べて設備投資が高額になるのです。

たとえば、メーカーによって差はありますが、スミスマシン(バーベルを持ち上げるようなマシン)は高いもので1台当たり100万円以上もする高額トレーニング器具です。また、メンテナンスの必要もあるので、その分の費用も発生します。これを個室分用意するとなると、設備投資はかなり高額になってしまいます。こうしたパーソナルトレーニングジムならではの特徴が、利用料金につながっているのです。

また、利用者のモチベーションを下げないため、パーソナルトレーニングジムの多くは立地条件にもこだわっています。主要都市内であり、かつ駅近という好立地を押さえるには、かなりのコストがかかってしまうこともあります。

以上の理由から、パーソナルトレーニングジムは利用料金が比較的高価に設定されています。しかし、その分充実したサポートを受けることができ、短期間で引き締まったスタイルに近づけるので、高いコスパが期待できるといえます。

まとめ

自己流のトレーニングや食事制限だけでは、効果を実感できないことがほとんどで、その前に挫折してしまう方が大半です。

努力を無駄にしない為にも、そして確実に効果を実感する為にも、パーソナルトレーニングジムを通じて少し高めの自己投資をしてみてはいかがでしょうか?

あなたが目指す魅力的で美しいスタイルをたったの2ヶ月で手に入れられるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました