基礎情報

パーソナルトレーニングジムの食事管理について

基礎情報

「パーソナルトレーニングジムには食事指導があるけど、どうやって指導するの?」

「ジムによってやり方は違うの?」

パーソナルトレーニングジムでダイエットやボディメイクをするのに、どんな食事指導をするのか、どう管理するのか、非常に気になりますよね。

食事指導の内容は、どのパーソナルトレーニングジムにも共通している部分と、ジムによって異なる部分があります。また、管理の仕方は大きく分けて3種類に分かれます。

この記事では、パーソナルトレーニングジムの食事指導の内容と、管理の仕方を解説します。

パーソナルトレーニングジムの食事指導の内容

まず、パーソナルトレーニングジムの食事指導で、どのジムにも共通している部分と、ジムによって違う部分を解説します。

高タンパク質は共通

ほとんどのパーソナルトレーニングジムの食事指導に共通しているのは、高タンパク食です。タンパク質は筋肉の原料になる、人間に必須の栄養素。健康を維持するには体重×0.8gのタンパク質が必要と言われています(体重50kgの人なら40g)。

そしてトレーニングをしている期間は、さらなるタンパク質が必要なため、体重×1~2gが必要です(体重50kgの人なら50g~100g)。食事だけでこの量のタンパク質を毎日とることは、かなり難しいため、ほぼすべてのパーソナルトレーニングジムで、プロテインが提供されます。その上で普段の食事でも、高タンパク食をすすめられます

高タンパク食にすることでトレーニング後の筋肉の成長が早くなるため、基礎代謝が上がり、太りにくく痩せやすい身体に。また、タンパク質は全身の細胞の原料で、代謝に不可欠な栄養素です。なので高タンパク食にすると、肌や髪の代謝にもプラスに働くため、肌や髪もきれいになります。

糖質制限はジムによって異なる

糖質制限をするかどうかは、パーソナルトレーニングジムによって違います。糖質制限をすることでカロリーを減らしたり、血糖値の上昇を抑えて脂肪が増えるのを防いだりする効果があります。

一方、糖質制限はストレスで健康に悪影響を与えたり、反動で暴飲暴食してしまったりする場合も。また、パーソナルトレーニング終了後に我慢していた炭水化物を増やすことで、リバウンドしてしまうこともあります。

どれだけ糖質制限をするのか、もしくは糖質制限しないのかは、パーソナルトレーニングジムによって大きく違います。

パーソナルトレーニングジムの食事管理のタイプ

パーソナルトレーニングジムの食事管理のスタイルは、主に以下の3つに分かれます。それぞれ、メリット・デメリットがあるので、自分にはどれが向いているのかを確認してください。

☑️いつでも相談できる
☑️トレーニング時に指導される
☑️毎食指導を受ける

いつでも相談できるパーソナルトレーニングジム

最初にご紹介するのが、いつでもトレーナーや管理栄養士に相談出来る、パーソナルトレーニングジムです。期間中なら24時間、LINEやメール、電話などで相談できます。

いつでも食事相談できる大きなメリットは、知識をつけつつ自主的に食事管理する力も身につくこと。3食すべてで食事指導を受けるタイプのジムでは、毎食指導を受けるため知識はつきますが、自主的に食事管理する力はあまり身につきません。食事指導の期間が終わった途端に、元の食事に戻ってしまう可能性もあります。

逆にパーソナルトレーニングの時だけ相談するスタイルでは、自主的に食事管理する力は身につきます。ですが、自主的に調べるなどの学ぶ行動をとらなければあまり知識はつきません。普段は自主的に食事を管理しつつ、困った時にいつでも相談できるタイプが、最も知識と自主的に食事管理する力が身につきます。

トレーニング時に指導されるパーソナルトレーニングジム

パーソナルトレーニング時に食事指導されるタイプのパーソナルトレーニングジムでは、自主的に食事管理する力が身につきやすいです。パーソナルトレーニングは、2ヶ月で16回のトレーニングが一般的。つまり週2回のパーソナルトレーニングを受けるため、食事指導も週2回です。

週2回のパーソナルトレーニング時に、数日間の食事を報告してから指導を受けます。もしくは毎食報告をし、パーソナルトレーニング時にまとめて食事指導を受ける場合もあります。

いつでも相談できるタイプのパーソナルトレーニングジムや、毎食指導を受けるタイプのパーソナルトレーニングジムに比べると、食事指導を受ける回数が少ないため、自主的に食事管理しなければなりません。

自分で調べるなど、積極的に学ぶことが苦にならない人であれば、自主的に食事管理する力が身につきます。ですが、積極的に学ぶのが苦手な人だと、途中で挫折してしまう可能性もあります。

毎食指導を受けるパーソナルトレーニングジム

毎食指導を受けるタイプのパーソナルトレーニングジムでは、毎食トレーナーや管理栄養士から食事指導を受けるため、豊富な知識が身につきます。

毎食報告して指導を受けるプレッシャーもあるため、自分に厳しくできるでしょう。パーソナルトレーニング期間中に最も成果を出しやすい食事指導の方法だと考えられます。

一方、パーソナルトレーニング期間が終了して、毎食指導を受けるプレッシャーがなくなった時に、自分で管理できなくなる可能性も高いです。

毎食指導を受けるパーソナルトレーニングジムで有名なのがライザップです。「1日3食、2ヶ月で180食分の食事を専属トレーナーが指導」してくれます。なので、2ヶ月間の間に正しい食事の知識と習慣を身につけられれば、パーソナルトレーニング期間終了後も自分で食事管理できるようになるでしょう。

まとめ

ここまで、パーソナルトレーニングジムの食事指導の内容と、管理の仕方を解説してきました。パーソナルトレーニングジムの食事指導では、高タンパク食がどのジムにも共通していて、糖質制限がジムによって違います。

食事管理のタイプには3種類あるので、自分に合ったスタイルのジムを選ぶとストレスなく続けられるでしょう。

細かい指導方法は各ジム違いがありますので、無料カウンセリングで詳しく聞いてみるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました